ラカム最終上限解放の評価とLBの振り方【戦闘では万能な操舵士】

2020年4月8日

ラカム最終上限解放

オロこんばんちわ~管理人のオロオロKTです。

今回はラカム最終上限解放の評価とLBの振り方を解説!

本記事を読めば、ラカムについて次のようなことがわかります。

 

  • ラカム最終上限解放の評価
  • ラカム最終上限解放の使い方
  • ラカム最終上限解放のステータス
  • ラカム最終上限解放のLBの振り方
  • ラカム最終上限解放の奥義・アビリティの効果

ラカムについて上記5つの内1つでも気になったら、ぜひ記事を読んでみて下さい。

スポンサーリンク

ラカムの個人的な評価

全キャラで比較⇒94点/100点

ラカム最終上限解放は短期戦から中~長期戦まで使える万能キャラですね。

短期戦では黄龍クリュサオル編成で奥義ゲージ支援役の代わり。

中~長期戦では永続ステータスアップや戦慄効果の追撃を活かしつつ、モードゲージを削ってブレイクまで持っていけるのが強み。

火属性キャラがそろってくるとスタメンは厳しいですが、モードゲージを削る役割ができるキャラは少ないので、ここをどう活かして運用するかですね。

ラカムの強いポイント

 

  • 奥義編成でも使える性能
  • 味方支援が充実している奥義効果
  • モードゲージを削れる貴重なキャラ
  • 永続でステータスがアップできる
  • 累積防御ダウンで弱体化もこなす

ラカムの弱いポイント

 

  • 火属性キャラがそろえばスタメンから外れる
  • Lv100までは性能的に厳しい

ラカムのステータス

ラカムのステータス

レアリティ SSR
属性 火属性
最大HP 1600
最大攻撃力 8000
種族 ヒューマン
得意武器
タイプ 特殊
声優 平田広明さん

ラカム最終上限解放の奥義性能

ラカム最終上限解放の奥義性能

 

  • 火属性ダメージ(特大)
  • 味方全体の火属性攻撃30%アップ
  • 味方全体のダブルアタック確率30%アップ
  • 味方全体のクリティカル確率アップ
    ⇒倍率20%発動率約80%
  • 効果時間:4ターン(奥義ターン含む)

ラカム最終上限解放の奥義性能は、火属性攻撃アップ、ダブルアタック確率アップ、クリティカル確率アップと味方支援に優れた効果。

効果時間も奥義ターン含む4ターンなので、ラカムを2番目に配置しておくと、3番目と4番目のキャラは奥義ターンから効果を発揮!

ダブルアタック確率アップは実質3ターンになりますが、味方支援としてはかなり優秀な効果になります。

ラカム最終上限解放のアビリティ性能

アビリティ1:スピットファイア

アビリティ1:スピットファイア

 

  • 敵に火属性ダメージ
  • 防御力が10%ダウン(180秒/最大4回まで累積)
  • スピリットファイアLvが1上昇(最大5)
  • 使用間隔:5ターン(Lv55)

ラカム最終上限解放のアビリティ1:スピットファイアは、累積で防御力が10%ダウンするところがポイント。

ミゼラブルミストやアーマーブレイクでも防御下限(50%防御ダウン状態)に届かないので、スピリットファイアでさらに10%ダウンができるのは大きい!

スピリットファイアを使用するたびにLvが上がり、攻撃力アップ、チェインバースト性能アップ、奥義性能アップするサポアビ:バニッシュセーヴの効果もあります。

スピリットファイアLvは最大5(消去不可)まで上がるので、長期戦になるほど真価を発揮しますね!

アビリティ2:デュレーションII

アビリティ2:デュレーションII

 

  • 自分にモードゲージ減少量アップ効果(3ターン)
  • 敵に戦慄状態を付与(180秒)
  • 使用間隔:5ターン
※戦慄状態とは?

モードゲージが大きく減少し、同一効果に耐性が付いた状態。

ラカム最終上限解放のアビリティ2:デュレーションIIは、モードゲージを大きく減らすアビリティですね。

モードゲージを大きく減らすことができれば、いち早くブレイク状態へ持っていくことができます。

オーバードライブ状態の敵は非常に危険で、特殊技を発動されたらパーティ壊滅の危機!

敵がオーバードライブ状態になったら、2アビ:デュレーションIIを使用しましょう。

アビリティ3:ダブルタップ

アビリティ3:ダブルタップ

 

  • 効果中必ず連続攻撃(1ターン)
  • 自分にダブルタップ効果(1ターン)
  • ターン経過なしで通常攻撃を実行
  • 使用間隔:5ターン
※ダブルタップ効果とは?

攻撃後にスピリットファイア(1アビ)が発動する状態

ラカム最終上限解放のアビリティ3:ダブルタップは、ターン経過なしで通常攻撃ができる点に注目。

アビリティ3:ダブルタップ使用後にターン経過なしの通常攻撃を行い、1アビ:スピリットファイア効果も発動。

さらに!ターン経過の通常攻撃でも1アビ:スピリットファイアが発動するので、1ターンで2回スピリットファイアが発動するというわけですね。

この2回の通常攻撃はダブルアタックが確定しているので、奥義ゲージをためやすいという特徴もあります。

アビリティ4:導きの銃

アビリティ4:導きの銃

 

  • 火属性キャラ単体が即座に奥義発動可能
  • 蒼導銃の効果を付与
  • 使用間隔:9ターン
※蒼導銃の効果とは?

 

  • 攻撃力15%アップ
  • 奥義ダメージ50%アップ
  • 奥義上限10%アップ
  • 効果時間:4ターン

ラカム最終上限解放のアビリティ4:導きの銃は、ポンバ(即座に奥義発動可能)+蒼導銃の効果を付与できます。

ラカムがダブルタップのおかげで奥義ゲージが稼ぎやすいキャラ。

なので自分が奥義ゲージ100%になったら、他のキャラを導きの銃の対象にして一緒に奥義を使うこともできますね。

さらに!奥義編成で奥義ゲージふが足りない場合にも、2番目のキャラを導きの銃の対象⇒ダブルタップで自分の奥義ゲージを20%盛ることが可能です。

サポートアビリティ

サポアビ:スライトオブハンド

 

  • 戦慄状態の敵に対して火属性追撃効果
  • 戦慄状態の敵がいる場合チェインバースト発生時に敵全体に火属性ダメージ
  • 弱体耐性ダウン(累積)

ラカム最終上限解放のサポアビ:スライトオブハンドは、戦慄状態の敵に対して上記の効果があります。

戦慄状態の付与で火属性追撃+チェインバースト発生時に敵全体ダメージが入るのがデカイ!

火属性追撃+チェインバースト発生時の敵全体に追加ダメージで、一気にブレイク状態へ持っていきましょう。

サポアビ:バニッシュセーヴ

 

  • 攻撃力アップ
  • チェインバースト性能アップ
  • 奥義性能アップ
  • スピリットファイアLvは最大5(消去不可)

ラカム最終上限解放のサポアビ:バニッシュセーヴにより、スピリットファイアLvに応じて上記のステータスがアップします。

1アビ使用+3アビ+通常攻撃でスピリットファイアLv一気にLv3まで持っていくことも可能。

奥義編成であってもスピリットファイアLv2を稼ぎつつ、累積防御ダウン+アビリティダメージ+通常攻撃ダメージ(ターン経過なし)を与えることもできます。

ついでに防御下限に持っていくサポートができるのもいいですね!

スポンサーリンク

ラカム最終上限解放おすすめのLBの振り方

 

  1. クリティカル★3×2
  2. アビリティダメージ上限★3×2
  3. サポアビ★3
  4. 攻撃力★1×2

ラカム最終上限解放おすすめのLB(リミットボーナス)の振り方は、クリティカルとアビリティダメージ上限が最優先!

1アビ:スピットファイアの発動機会が多いので、アビリティダメージ上限アップで火力の底上げが狙えます。

LBが余った場合はサポアビ★3、攻撃力★1×2が候補に入ってきますね。

ラカムのリミットボーナスアビリティ

リミットボーナスアビリティ(サポアビに★を振ると入手)の効果は、戦慄状態の敵に対してクリティカル確率アップ。。

中~長期戦になれば敵がオーバードライブになることが多いので、戦慄状態にすることが多いですからね。

ラカムを中~長期戦で運用する場合はサポアビ★3も十分候補に入ってきます。

ラカムの入手方法

ラカムはレジェンドフェス限定のキャラ解放武器『ベネディーア』を入手すると仲間に加わります。

ベネディーアのスキル構成は『紅蓮の攻刃(特大)+業火の克己』

業火の克己は火属性キャラのダブルアタック確率(中)+クリティカル確率上昇(中)

火属性はイクサバはあるので迷うところですが、アグニス編成を作るならベネディーアはダマスカス鋼を使う候補に入ってきます。

ラカム最終上限解放の使い方

ラカム最終上限解放

奥義編成でもスタメン候補

 

  1. 主人公:デュアルアール
  2. 主人公:アーセガル
  3. ラカム:3アビ(奥義ゲージ20%アップ)
  4. ラカム:4アビ(2番目配置キャラ)

ラカム最終上限解放は黄龍クリュサオル編成で使えますね!

ラカムを3番手に配置して上記の流れでアビリティ使用することで、全員1ターン目に奥義を発動できます。

シヴァのような奥義ゲージ上昇量が少ない特殊なキャラはできませんが、通常のキャラであれば問題ありません。

4アビは奥義性能も上がるので非常に相性が良いでしょう。

中~長期戦で活躍できる性能

戦慄状態

 

  • 1アビ:永続効果のスピリットファイアLv
  • 2アビ:モードゲージ減少量アップ
  • サポアビ:戦慄状態の敵に火属性追撃効果

ラカム最終上限解放は中~長期戦で活躍できる性能ですね。

モードゲージ減少量アップは素早くブレイクに持っていけるので、オーバードライブの特殊技が痛い敵相手に活躍が期待できます。

さらに永続のスピリットファイアLv効果でラカムのステータスがアップするので、長期戦になればなるほど輝くキャラでしょう。

防御ダウン役でも使える

防御力が10%ダウン(180秒/累積)

 

  • 敵に火属性ダメージ
  • 防御力が10%ダウン(180秒/累積)
  • スピリットファイアLvが1上昇(最大5)
  • 使用間隔:5ターン(Lv55)

ラカム最終上限解放の1アビ:スピットファイアは、累積で防御10%ダウンが可能。

1アビ+3アビ使用で通常攻撃を行うことで、防御が累積で30%もダウン!

ミゼラブルミストを使用すると余裕で防御下限まで持っていくことが可能です。

1ターンキルをする奥義編成では使えない方法ですが、中~長期戦を見すえる戦いなら選択肢に入る方法ですね。

ラカム最終上限解放の評価まとめ

ラカム最終上限解放

 

  • 奥義編成でも使える性能
  • Lv100までは性能的に厳しい
  • 味方支援が充実している奥義効果
  • 永続でステータスがアップできる
  • 累積防御ダウンで弱体化もこなす
  • モードゲージを削れる貴重なキャラ
  • 火属性キャラがそろえばスタメンから外れる

はい!ということで今回は、ラカム最終上限解放の評価とLBの振り方を解説してみました。

奥義ゲージ支援役や防御ダウンキャラがそろっていない場合は代役ができますので、ラカムを仲間にしたらLv100まで育てておきたいですね。

Lv100までの道のりは長いので、サブメンバーに編成してコツコツと育てていきましょう!

以上、『ラカム最終上限解放の評価とLBの振り方【戦闘では万能な操舵士】』でした。

スポンサーリンク